メープルちゃんと美味しい日々

meplehime.exblog.jp ブログトップ

チュニジア カルタゴ遺跡

すっかり忘れてしまっていた地中海クルーズのお話のつづきです。
e0126094_1955755.jpg
サンルイ教会と、ローマの水道の跡。ここで、撮影するのに、一人US1$現地ガイドさんに取られました。005.gif



明日の書道の宿題もやらなくてはいけないのですが、クルーズのレポートがたくさん残っておりました。007.gifパリ旅行記も途中で投げ出した経歴があるので、今回はちゃんと最後まで書かなくては・・
 ということで、クルーズ6日目のチュニジア、カルタゴ遺跡へ参ります。
チェニスの郊外にあるカルタゴは今は高級住宅街です。
2800年前カルタゴは海上貿易や農業を中心に大変栄えていました。
その後ローマ軍との戦いに敗れ、廃墟に。
ローマ軍は塩をまいて人もすめず作物もできない土地にしたのです。
紀元前29年には、ローマの都市計画に沿って、植民市としてまた栄えることとなったのです。
栄華を誇る遺跡はほとんどローマ時代のもので、カルタゴの遺跡はその下に眠っていて掘り返すことができない状態だそうです。
ということで、ビュルサの丘へ行きました。
e0126094_19184891.jpg
柱になっていた部分はおうちを建てるのに個人の方々が持っていってしまったりしてほとんど欠落しています。
こちらがわずかに見えるカルタゴの遺跡と詳しく説明をうけましたが・・・暑さもあって、記憶に残っておりません。014.gif
e0126094_1923411.jpg
ポエニ人の住居跡
e0126094_19283776.jpg
遠くの海に見えるのがカルタゴ軍の軍港跡だそうです。
e0126094_19315546.jpg
カルタゴ博物館の見事なモザイクです。アフリカ宣教会の神学校を改造した白い美しい博物館です。
e0126094_19354081.jpg
四角い箱は棺だそうです。
e0126094_1938247.jpg

e0126094_19403922.jpg

その後コロッセオを見に行きました。
e0126094_2024126.jpg
ローマよりかなり小ぶりでしたが、ちゃんとセリとかの跡もあるそうです。
小ぶりと言っても36000人も収容できるかなりのスケールです。
何世紀にもわたり石材が持ち出されてしまい、基部しか残っていません。ひとつあったのは、のちにフランス人がもちこんだ支柱なんだそうです。
その後ビュルサの丘から眺めた古代カルタゴの港を見て
e0126094_19503611.jpg

トフェ(タニト神の聖域)へ、行きました。
ここまでかなりの暑さとハードなスケジュールで、同じバスのラテン系の方々はダウン状態、
バスを降りて見学したのは、私達夫婦と、もう一人ツアーで、ご一緒だった日本人男性のみという寂しい見学
ガイドさんも説明に力が入りません。
e0126094_1956315.jpg
こちらはローマ以前のカルタゴの面影を残す数少ない遺跡だそうです。
火の神バールハモンと、天と豊穣の女神タニト神という二つの最高神が祭られていた聖域。
当時カルタゴでは幼児のいけにえと言う習慣があったというローマ人の文献があるそうです。
ほんとなのかどうかは不明だそうですが、炭化した幼児の骨壷も発見されていて悲しいことです。
e0126094_2021343.jpg
とにかく暑くてハードな一日でした。
e0126094_2083944.jpg
e0126094_209075.jpg
チュニジアともさようなら~
まさかアフリカ大陸に足を踏み入れることになるとは思ってなかった私でありましたので、良い記念になりました。
[PR]
by meplehime | 2009-11-24 20:10 | 地中海クルーズ21.9.
line

東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。


by meplehime
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31